Rで解析:「ggplot2」パッケージでの作図概要


投稿日: Rの解析に役に立つ記事

「ggplot2」パッケージは手軽で綺麗なグラフを作成するのに便利なパッケージです。1変数:ONE VARIABLEのgeom_densityコマンドを利用して作図の概要を紹介します。

参考記事:「ggplot2」パッケージの使い方・コマンドの一覧
・Rで解析:手軽で綺麗なグラフが欲しいなら、ggplot2のまとめです。
 https://www.karada-good.net/analyticsr/r-78

パッケージバージョンは2.2.1。windows 10のR version 3.4.1で動作を確認しています。


作図の概要

「ggplot2」パッケージでの作図は大まかにggplotコマンドで基礎となる描写エリアを作成後、それに適合するグラフを設定、必要に応じて統計量を追加・指標で分割・色分け、最後に体裁を整えて、図を保存するという5つのSTEPがあると考えます。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("ggplot2")



コマンドの紹介

詳細はコマンド、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読込み
library("ggplot2")

###データ例の作成#####
n <- 500
TestData <- data.frame("Group" = sample(paste0("Group", 1:3), n, replace = TRUE),
                       "Data1" = sample(rnorm(n), n, replace = TRUE),
                       "Data2" = sample(rnorm(n), n, replace = TRUE))
#####

###STEP 1########
#1変数:ONE VARIABLEの基礎となる描写エリアを作成
#ggplotコマンド
STEP1 <- ggplot(data = TestData, aes(x = Data1))
#確認
#STEP1

###STEP 2########
#描写エリアに適合するグラフを設定
#連続量
#geom_area,geom_density,geom_dotplot,geom_freqpoly
#geom_histogram,geom_qq
#離散量
#geom_bar
STEP2 <- STEP1 + geom_density(aes(fill = Group, group = 1))
#確認
#STEP2

###STEP 3########
#stat_Function,scales_Function,
#facet_Function等で統計量変換、色や分割表示を設定
#stat_functionコマンド,scale_fill_manualコマンド,
#facet_gridコマンドを使用
STEP3 <- STEP2 +
  stat_function(fun = dnorm, colour = "red", size = 1) +
  scale_fill_manual(values = c("#a0b981", "#47547c", "#9f8288")) +
  facet_grid(.~Group)
#確認
#STEP3

###STEP 4########
#labsコマンド,theme_Function等で図の体裁を整える
STEP4 <- STEP3 +
  labs(x = "Group Name", y = "Density", title = "確率密度",
       subtitle = "range,densityコマンドをxlimに適応",
       caption = "キャプション") +
  theme_light() +
  xlim(range(density(TestData$Data1)$x))

###STEP 5########
#ggsaveコマンドで作業フォルダに保存
ggsave("STEP5.png", plot = STEP4)



出力例

STEP5はSTEP4をファイルへ出力する内容なので出力例は省略します。
・STEP1

・STEP2

・STEP3

・STEP4


少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク