Rで解析:単色パレットの作成が楽々です!「monochromeR」パッケージ


単色パレットの作成が楽々なパッケージの紹介です。作成した色パレットはggplot2などで利用することができます。図を色の種類ではなく色の濃淡で表現したい方にお勧めです。

パッケージバージョンは0.1.0。windows11のR version 4.1.2で確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("monochromeR")

実行コマンドの紹介

詳細はコマンド、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("monochromeR")
#ggplot2を利用するためにtidyverseパッケージを読み込み
#tidyverseパッケージがなければインストール
if(!require("tidyverse", quietly = TRUE)){
  install.packages("tidyverse");require("tidyverse")
}

#色を起点にパレットを作成:generate_paletteコマンド
#色を指定:colourオプション:c(r, g, b)でも指定可能
#色の変化法:modificationオプション:"go_darker","go_lighter","go_both_ways"
#色の作成数:n_coloursオプション
#パレットのプロット:view_paletteオプション;TRUE,FALSE
generate_palette(colour = "#deb7a0", modification = "go_darker",
                 n_colours = 6, view_palette = TRUE)
[1] "#DEB7A0" "#BA9986" "#967C6C" "#735F53" "#4F4139" "#2C2420"

#2色間でパレットを作成:blend_colourオプション
#パレットにカラーコードを表示:view_labelsオプション;TRUE,FALSE
generate_palette(colour = "#4b61ba", blend_colour = "#deb7a0",
                 n_colours = 6, view_palette = TRUE,
                 view_labels = FALSE)
[1] "#4B61BA" "#626EB5" "#7A7CB1" "#918AAD" "#A998A9" "#C0A5A5"

#ggplot2での利用例:#diamondsデータを利用
ggplot(data = diamonds, aes(x = carat, y = price)) +
  geom_point(color = generate_palette(colour = c(15, 75, 99), modification = "go_lighter",
                                      n_colours = nrow(diamonds), view_palette = FALSE)) +
  theme_dark()

出力例

・色を起点にパレットを作成:generate_paletteコマンド

・2色間でパレットを作成:blend_colourオプション

・ggplot2での利用例:#diamondsデータを利用


少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク