Rとウェブ解析:簡単です。周辺分布をプロット。ggplot2拡張「ggExtra」


グラフに周辺分布をプロットするのはなかなか手間です。ggplot2パッケージで手軽に周辺分布をプロットできる「ggExtraパッケージ」を紹介します。

紹介するVersionは0.1.0です。新しいパッケージです。


パッケージのインストールと準備

インストールは下記コマンドをRで実行します。


#devtoolsが未インストールの場合は下記を実行
#install.packages("devtools")
#ggplot2が未インストールの場合は下記を実行
#install.packages("ggplot2")
devtools::install_github("daattali/ggExtra")


コマンドの紹介

周辺分布の情報があると便利なプロットとして、散布図があります。散布図を例にコマンドを紹介します。詳しくはコメントを確認してください。

#ライブラリの読み込み
library("ggExtra")
library("ggplot2")

#TESTでデータの作成
set.seed(50)
TestData <- data.frame(data1 = rnorm(500, 50, 10), data2 = runif(500, 0, 50))

#例1:プロットに折れ線でx軸に対する周辺分布を付与
PointPlot <- ggplot(TestData, aes(x = data1, y = data2)) +
             geom_point(color = "red")
ggMarginal(PointPlot, margins = "x", marginCol = "blue")

#例2:プロットにヒストグラムで周辺分布を付与
ggMarginal(PointPlot, margins = "both", size = 5, type = "histogram",
           marginCol = "blue", marginFill = "orange")

#例3:直接プロット
ggMarginal(data = TestData, x = "data1", y = "data2", marginCol = "red")

出力例

プロット例


少しでも、ウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク