クロレラの研究


クロレラは1890年にイギリスで発見された植物です。水と僅かな栄養素があればぐんぐん育ちます、120年ほどの歴史があるクロレラどんな研究がされているのでしょうか?

クロレラと生き物の研究!

クロレラには多くの栄養素が含まれていることから、コレステロールの低下や、抗酸化作用そして高血圧や糖尿病への作用が研究論文として報告されています。クロレラをインターネットで検索すると体験談やセンセーショナルな広告が目につきますが、実は昔は国立健康・栄養研究所も研究していた優れた素材です。

じゃあ、クロレラのどんな栄養素がいいの?

クロレラはそれ自身が1つの細胞で生きている不思議な植物です。確かに、タンパク質が多く、葉酸やビタミンB12などの栄養素を含みますが、研究論文ではどの成分が良いとの報告は実はありません。多くの研究論文でも報告されているように1つの生き物を丸ごと食べる一物全体食だから良いと言えます。

一物全体食のクロレラで生き物に必要な力を整えてみませんか?ぜひお勧めです。

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク