フコミンともずくの恵み


キムラヤファンクショナルフーズのフコミンを紹介してきましたが、新たな情報が手に入りましたので紹介します。フコミンは高品質で衛生環境も気を配り製造されていることは過去に紹介してきた通りです。


ギュギュッと、沖縄産もずくの恵みを濃縮!

フコイダンは低分子や高分子と分子の大きさに注目されがちですが、フコミンに使用されているもずくは珊瑚礁が広がる沖縄県最北端の伊平屋島で栽培されているそうです。この、もずくとの出会いは昭和54年まで遡り、木村社長が仕入れたもずくに貼られたラベルに伊平屋島と書かれていたことから始まるそうです。そして、当時漁業組合長だった西銘さんと出会い、生産地とメーカーの連携が始まり現在でも続いています。現在でも生産地とメーカーの連携は多くないことから、当時としては大変珍しいことだったと思います。成分だけではなく、生産地にもこだわりたいところです。

写真はもずく畑です。

もずく畑


美しい海を守り良質なもずくから生産されるフコミン

西銘さんは生産者でありながらもずくの可能性を感じ、島を愛し、島の環境を深く考えている方だそうです。その想いを受け、きむらやは美しい海を守り良質なもずくを育てるため生産者の方々と協力し計画的にもずくを栽培しているそうです。フコミンは高品質だけではなく、様々な方の想いが詰まった素敵な製品だと思います。

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク