RでGoogle Analytics:解析コマンド「参照元/メディアの取得」


RGoogleAnalyticsパッケージで「参照元/メディアを取得」するコマンドを紹介します。なお、データを取得するサイトのidとトークンファイルは取得・保存している前提でコマンドを紹介します。

サイトのidとトークンファイルの取得と保存方法は「RでGoogle Analyticsの目次」から「RGoogleAnalyticsパッケージ基本的な利用方法」を確認してください。

また、解析環境が整っていない場合は「解析の準備」の項目を確認してください。初心者でも実行できるようにまとめています。

解析コマンドなどのまとめはこちらから:RでGoogle Analyticsの目次


セッション数(訪問回数)の取得コマンドの紹介

dimensionsに「ga:source」を指定します。
実行することで棒グラフとデータがエクセルで出力されます。

library("RGoogleAnalytics")
library("XLConnect")
library("tcltk")
library("ggplot2")

TableID <- "ga:データを取得するサイトのidを入力"

#取得パラメータの設定
query.list <- Init(start.date = "2014-08-01",
                   end.date = "2014-08-31",
                   dimensions = "ga:source",
                   metrics = "ga:users",
                   max.results = 10000,
                   table.id = TableID)

#取得パラメーターを処理
query <- QueryBuilder(query.list)

#データの取得
UserSourceData <- GetReportData(query, oauth_token)

#ユーザー数で降順に並び替え
UserSourceData <- UserSourceData[order(UserSourceData[, 2], decreasing = TRUE), ]

#グラフの作成
HistPlot <- ggplot(UserSourceData, aes(x = factor(UserSourceData[, 1], levels = UserSourceData[, 1]),
                   y = UserSourceData[, 2],
                   fill = "red"))

HistPlot <- HistPlot +
            geom_bar(stat = 'identity', show_guide = FALSE) +
            labs(x = "参照元/メディア", y = "訪問者数") +
            scale_fill_manual(values = "red") +
            theme_bw(base_family = ifelse(.Platform[1] == "windows", "", "HiraKakuProN-W3")) +
            theme(axis.ticks = element_blank(),
            axis.text.x = element_text(size = 12,
            angle = 60,
            hjust = 1.1,
            colour = "grey50"))

#グラフのプロット
#HistPlot

###以下、グラフが貼り付けられたエクセルファイルの出力#####
#保存フォルダの選択
SaveDir <- paste(as.character(tkchooseDirectory(title = "保存ディレクトリを選択"), sep = "", collapse =""))
#ワークブックの作成
wb <- loadWorkbook("アクセスデータ.xlsx", create = TRUE)
#シートの作成
createSheet(wb, name = "アクセスデータ")
#データの書き込み
writeWorksheet(wb, UserSourceData, sheet = "アクセスデータ", startRow = 1, startCol = 1)
#一時フォルダに切り替え
setwd(tempdir())
#グラフファイルの作成
png(filename = "HistPlot.png", width = 350, height = 350)
#出力
print(HistPlot)
dev.off()
#グラフの書き込み
createName(wb, name = "HistPlot", formula = paste("アクセスデータ", idx2cref(c(3, 4)), sep = "!"))
addImage(wb, filename = "HistPlot.png", name = "HistPlot", originalSize = TRUE)
#ファイルの保存
setwd(SaveDir)
saveWorkbook(wb)
########

書き出されるエクセル

スクリーンショット-2015-02-01-12.51.44


解析コマンドなどのまとめはこちらから:RでGoogle Analyticsの目次

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク