RでGoogle Analytics:解析コマンド「市区町村訪問者数の取得」

RでGoogle Analytics

RGoogleAnalyticsパッケージでユーザー、地域、市区町村で表示される「市区町村訪問者数を取得」するコマンドを紹介します。なお、データを取得するサイトのidとトークンファイルは取得・保存している前提でコマンドを紹介します。

サイトのidとトークンファイルの取得と保存方法は「RでGoogle Analyticsの目次」から「RGoogleAnalyticsパッケージ基本的な利用方法」を確認してください。

また、解析環境が整っていない場合は「解析の準備」の項目を確認してください。初心者でも実行できるようにまとめています。

解析コマンドなどのまとめはこちらから:RでGoogle Analyticsの目次


スポンサーリンク

セッション数(訪問回数)の取得コマンドの紹介

dimensionsに「ga:city」を指定します。
実行することで上位10位の棒グラフとデータがエクセルで出力されます。

library("RGoogleAnalytics")
library("XLConnect")
library("tcltk")
library("ggplot2")

TableID

書き出されるエクセル

一部のデータを隠しています。
スクリーンショット-2015-02-01-13.31.38


解析コマンドなどのまとめはこちらから:RでGoogle Analyticsの目次

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

タイトルとURLをコピーしました