Rでお遊び:何に使う?ポケベル?「phonenumber」パッケージ


何に使えばいいかわからない「phonenumber」パッケージを紹介します。本パッケージでできることは「2から9の数字を大文字英字へ変換または英字を数字に変換」することです。1つの数字に3または4の英字が対応します。表にまとめましたので確認ください。

紹介にあたり、高校時代に使っていたポケベルの入力を思い出しました。確か、ポケベルの入力方法は最初に*2*2、五十音に対応した数字の入力で最後に#を2回。公衆電話を探していたあの頃を考えると、世の中が便利になりました。

パッケージバージョン0.1.0。R version 3.2.0でコマンドを確認しています。


パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("phonenumber")

実行コマンドの紹介

詳細はコメントを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("phonenumber")

#テキストから数字へ変換:letterToNumberコマンド
letterToNumber("karada-good")
[1] "527232-4663"

#数字から大文字テキストへ変換:numberToLetterコマンド
#全組み合わせが表示されます
AllText <- numberToLetter("527232-4663")

#78732の組み合わせで"KARADA-GOOD"の位置を確認
which(AllText == "KARADA-GOOD")
[1] 30643

#文字列を取得
AllText[30643]
[1] "KARADA-GOOD"

対応表

数字対応する文字
2A,B,C
3D,E,F
4G,H,I
5J,K,L
6M,N,O
7P,Q,R,S
8T,U,V
9W,X,Y,Z
1 or 0なし

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク