Rで解析:ヒートマップの描写に便利です!「fheatmap」パッケージ

Rの解析に役に立つ記事

ggplot2を利用してヒートマップを描写するパッケージです。他のパッケージと比べ、行列に付与するカラーバーデータの描写が便利です。

参考までに、これまで「からだにいいもの」で紹介しているheatmap作成のパッケージのいくつかを紹介します。

・Rで解析:カレンダーをヒートマップ化。「openair」パッケージ
 https://www.karada-good.net/analyticsr/r-261/

・Rで解析:インタラクティブなヒートマップ!D3.jsを利用した「d3heatmap」パッケージの紹介
 https://www.karada-good.net/analyticsr/r-122/

・Rとウェブ解析:ggplot2でプロットするヒートマップ「gapmap」パッケージ
 https://www.karada-good.net/analyticsr/r-28/

・Rとウェブ解析:簡単HeatMapパッケージ「pheatmap」の紹介
 https://www.karada-good.net/analyticsr/r-68/

パッケージバージョンは1.1.4。実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。


スポンサーリンク

パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("fheatmap")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("fheatmap")

###データ例の作成#####
set.seed(1234)
n

出力例

・基本的なplot
fheatmapPlot

・annotation_rowオプション
annotation_row

・annot_row_colorオプション
annot_row_color


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

タイトルとURLをコピーしました