Rで解析:Rで作成!Google短縮URL「urlshorteneR」パッケージ


Google短縮URLを作成できるパッケージの紹介です。パッケージではBitly APIを利用したコマンドも収録されていますが、馴染みがあるGoogle APIのコマンドを紹介します。

Google短縮URLのサービスはGoogleアカウントがあれば、手軽に下記URLより利用することができます。

Google短縮URL: https://goo.gl/

本パッケージでは作成した短縮URLのアクセス状況などのデータを取得することができるので、複数の短縮URLを運用時でもforコマンドを利用することでデータの取りまとめが楽になるかと思います。

参考までに「からだにいいもの」Topページの短縮URLは下記の通りです。
「からだにいいもの」Topページ: goo.gl/8xNguE

なお、パッケージ利用に必要なCliantID、CliantSecretは下記の記事を参考にしてください。若干、表示されるフォームが違いますが参考になるかと思います。また、URL Shortener APIを有効にすることを忘れないでください。

・RでGoogle Analytics:データを取得するためにGoogle Developers Consoleでプロジェクトを作成
 短縮URLを利用しないと冗長な表示です。
 https://www.karada-good.net/rgoogleanalytics/googledevelopersconsole/

APImanager

パッケージバージョンは0.0.1。実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("urlshorteneR")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("urlshorteneR")

#CliantIDとCliantSecretを設定
CliantID <- "CliantID" CliantSecret <- "CliantSecret" #接続の認証 googl_token <- googl_auth(key = CliantID, secret = CliantSecret) #短縮URLの取得 googl_LinksShorten(longUrl = "http://www.karada-good.net")        kind id longUrl 1 urlshortener#url http://goo.gl/58xMEB https://www.karada-good.net/ #短縮URLから情報を取得する googl_LinksExpand(shortUrl = "http://goo.gl/58xMEB", showRequestURL = FALSE) $original_data        kind id longUrl status created 1 urlshortener#url http://goo.gl/58xMEB https://www.karada-good.net/ OK 2015-11-21T22:40:52.202+00:00 $analytics $analytics$allTime $analytics$allTime$shortUrlClicks [1] "0" $analytics$allTime$longUrlClicks [1] "1" $analytics$month $analytics$month$shortUrlClicks [1] "0" $analytics$month$longUrlClicks [1] "1" $analytics$week $analytics$week$shortUrlClicks [1] "0" $analytics$week$longUrlClicks [1] "1" $analytics$day $analytics$day$shortUrlClicks [1] "0" $analytics$day$longUrlClicks [1] "1" $analytics$twoHours $analytics$twoHours$shortUrlClicks [1] "0" $analytics$twoHours$longUrlClicks [1] "1" [/code]


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク