Rで解析:ggplotオブジェクトをいろいろプロット「bluepRint」パッケージ


投稿日: Rの解析に役に立つ記事

複数のggplot2のオブジェクトを簡単にプロットできるパッケージの紹介です。プロット領域と体裁さえ決めてしまえば、定型的な繰り返しの出力に便利だと思います。

パッケージバージョンは0.0.0.9000。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.3で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。ggplot2パッケージの最新バージョンをインストールしています。

#パッケージのインストール
install.packages("ggplot2")
install.packages("devtools")
devtools::install_github("zaczap/bluepRint")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("bluepRint")

###データ例の作成#####
n <- 30
TestData <- data.frame(Group = sample(paste0("Group", 1:5), n, replace = TRUE),
                       Data1 = rnorm(n),
                       Data2 = rnorm(n) + rnorm(n) + rnorm(n),
                       Data3 = sample(0:1, n, replace = TRUE),
                       Data4 = sample(LETTERS[1:26], n, replace = TRUE))
#######

###ggplot2のプロットデータを作成#####
#箱ひげ図
BoxPlot <- qplot(data = TestData, x = Group, y = Data1, fill = Group, geom = "boxplot")
#散布図
PointPlot <- qplot(data = TestData, x = Data2, y = Data1, color = Group, geom = "point") +
  ggtitle("TEST")
#棒グラフ
BarPlot <- qplot(data = TestData, x = Data4, fill = Data4, geom = "bar") +
  guides(fill = "none")
#棒グラフをGroupで分割
FacetBarPlot <- qplot(data = TestData, x = Data4, fill = Data4, geom = "bar") +
  facet_wrap(~Group, nrow = 1) + guides(fill = "none")
########

#グラフを横並びに配置:blueprintコマンド
#配置指定:layoutオプション;横方向"line",2*2"square",
#左および右側に大きく側面に上下に二つプロット;"left_feature"
#A,B,C,Dのグラフラベルを付与:labelオプション
#横に2つプロット
blueprint(layout = "line", BoxPlot, PointPlot, label = TRUE)
#横に3つプロット
blueprint(layout = "line", BoxPlot, PointPlot, BarPlot, label = TRUE)
#2*2でプロット
blueprint(layout = "square", BoxPlot, PointPlot, BarPlot, FacetBarPlot, label = TRUE)
#左側に大きく右側に上下に二つプロット
blueprint(layout = "left_feature", BoxPlot, PointPlot, BarPlot, label = TRUE)

出力例

・横に2つプロット
2line

・横に3つプロット
3line

・2*2でプロット
square

・左側に大きく右側に上下に二つプロット
left_feature


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク