Rで解析:スパークラインチャートを作成します「sparkline」パッケージ


スパークラインチャートはエクセルなどで作成できる「1つのセルの中に配置する」グラフです。使い方によってはデータの傾向を視覚的に表現することができます。

本パッケージを利用してMarkdownの文章を作成することがGithubのページで紹介されています。何かの役に立つかもしれませんので紹介します。

・Githubページ
 https://github.com/htmlwidgets/sparkline

パッケージバージョンは1.0。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.4で確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("devtools")
devtools::install_github("htmlwidgets/sparkline")

実行コマンドの紹介

詳細はコマンド内を確認ください。

#パッケージの読み込み
library("sparkline")

#プロットデータの作成
x <- rnorm(20)

#折れ線グラフのプロット
sparkline(x)
#棒グラフのプロット
sparkline(x, type = "bar")
#箱ひげ図のプロット
sparkline(x, type = "box")

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク