Rで解析:コマンドの処理時間を計測します「profvis」パッケージ


コマンドの処理時間と使用メモリを計測し、ブラウザに表示するパッケージの紹介です。コードのボトルネックを見つけるのに便利かもしれません。

パッケージバージョンは0.3.2。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.4で確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("profvis")

実行コマンドの紹介

詳細はコマンド、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージのインストール
install.packages("profvis")

#パッケージの読み込み
library("profvis")

#処理時間の計測:profvisコマンド
profvis({
  ###データ例の作成#####
  n <- 5e4
  TestData <- data.frame(Data1 = rnorm(n),
                         Data2 = rnorm(n) + rnorm(n) + rnorm(n))
  #######
  
  #処理内容
  plot(TestData[, 1], TestData[, 2])
  m <- lm(TestData[, 1] ~ TestData[, 2])
  abline(m, col = "red")
  
})

出力例

profvis


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク