Rで解析:シンプルなインタラクティブ散布図を作成「recharts3」パッケージ


非常にシンプルな散布図を作成するパッケージの紹介です。結果はHTML widgetなのでMarkdownファイルなどに利用することができます。ドキュメント内にインタラクティブな散布図の利用はいかがでしょうか。

パッケージバージョンは0.0.8。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.4で確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("devtools")
devtools::install_github("sjhfx/recharts3")

実行コマンドの紹介

詳細はコマンド、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("recharts3")

###データ例の作成#####
n <- 30
TestData <- data.frame(Group = sample(paste0("Group", 1:3), n, replace = TRUE),
                       Data1 = rnorm(n),
                       Data2 = rnorm(n))
########

#インタラクティブな散布図をプロット:echartコマンド
#各オプションに変数を指定するときには変数名に"~"を付与する
echart(TestData, x = ~Data1, y = ~Data2, series = ~Group,
       width = 360, height = 360)

出力例

凡例をクリックすることで表示の選択が可能です。


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク