Rで解析:継続的なデータ表現に便利です「waterfalls」パッケージ


継続的なデータを表現するのに便利なwaterfall plotを簡単に作成できるパッケージです。データの最後尾に合計をプロットも可能です。

パッケージバージョンは0.1.0。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.4で確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("waterfalls")

実行コマンドの紹介

詳細はコマンド、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("waterfalls")

###データ例の作成#####
n <- 10 TestData <- data.frame(Group = paste0("Group", 1:n), Data1 = round(rnorm(n), 1)) #内容確認 TestData Group Data1 1 Group1 -0.6 2 Group2 -1.3 3 Group3 -0.2 4 Group4 0.3 5 Group5 1.8 6 Group6 0.0 7 Group7 2.0 8 Group8 -0.2 9 Group9 0.6 10 Group10 0.6 ######## #waterfallプロットの作成:waterfallコマンド #データを指定:.dataオプション #一番右に合計を表示:calc_totalオプション waterfall(.data = TestData, calc_total = TRUE) [/code]


出力例

waterfalls


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク