Rで解析:オブジェクトの内容をインタラクティブに確認「listviewer」パッケージ


listやdata.frameの構造をhtmlwidgetを利用してインタラクティブに確認できるパッケージの紹介です。データ構造を視覚的に把握することができるので便利かと思います。グラフィックパラメータのpar内容も確認できます。

パッケージバージョンは3.0.0。実行コマンドはwindows 11のR version 4.1.2で確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("listviewer")

実行コマンド

詳細はコマンド、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("listviewer")

#データ内容をブラウザで表示:jsoneditコマンド
#listで指定
TestList <- list(array = c(1, 2, 3),
                 boolean = TRUE,
                 null = NULL,
                 number = 123,
                 object = list(a = "b", c = "d"),
                 string = "Hello World")
#表示
jsonedit(TestList)

#data.frameで指定
TestData <- data.frame(Data1 = 1:5,
                       Data2 = 6:10,
                       Data3 = LETTERS[1:5])
#表示
jsonedit(TestData)

#グラフィックパラメータを表示
jsonedit(par(), width = 250)

出力例

グラフィックパラメータを表示。内容はスクロール、クリックで展開が可能です。


少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク