Rで解析:ランダムにカラーパレットを作成「as.color」パッケージ


配列からランダムにカラーパレットを作成するパッケージの紹介です。色の使い方に迷った時に使用してはいかがでしょうか。面白いパッケージだと思います

パッケージバージョンは0.1。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.3.0で確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("as.color")

実行コマンドの紹介

詳細はコマンド、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("as.color")
#カラーパレット表示に便利なscalesパッケージのインストール
install.packages("scales")
library("scales")

###データ例の作成#####
n <- 100 TestData <- data.frame(Group <- I(sample(letters[1:10], n, replace = TRUE)), Data <- rnorm(n)) ######## #データからカラーパレットを作成:as.colorコマンド #データを指定:xオプション #透明度を指定:alphaオプション;0から1の範囲 ColData <- as.color(x = TestData[, 1], alpha = 1) #カラーパレットの表示 show_col(ColData, labels = FALSE) #箱ひげ図をプロット plot(x = factor(TestData[, 1]), y = TestData[, 2], col = ColData, pch = 19) [/code]


出力例

#カラーパレットの表示
ascolor

#箱ひげ図をプロット
ascolorbpx


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク