Rで解析:変数、コンソールの消去がラクラク「mise」パッケージ


作業が長引くと変数やコンソール、プロットがゴチャゴチャになりがちです。これらを一気に消去できれば、そんな問題を解決するパッケージの紹介です。なお、読み込んだパッケージも解除することが可能です。

パッケージバージョンは0.1.0。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.5のR version 3.3.0で確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("mise")

実行コマンドの紹介

詳細はコマンド、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("mise")

###データ例の作成#####
n <- 100
TestData <- data.frame("Group" = sample(paste0("Group", 1:3), n, replace = TRUE),
                       "Data 1" = sample(rnorm(10), n, replace = TRUE),
                       "Data 2" = sample(LETTERS[1:10], n, replace = TRUE))
#欠損値を追加
TestData[50:100,] <- NA
TestData <- cbind(TestData, NAData = NA)
#構造確認
summary(TestData)
########

#ワークスペースやコンソールの内容を消去:miseコマンド
#変数内容削除:varオプション
#プロット内容削除:figsオプション
#コンソール内容削除:consoleオプション
#パッケージの読込解除:pkgsオプション;初期値FALSE
mise(vars = TRUE, figs = TRUE, console = TRUE, pkgs = TRUE)

#参考miseコマンドのコード
function (vars = TRUE, figs = TRUE, console = TRUE, pkgs = FALSE)
{
  if (vars) {
    where <- parent.frame()
    rm(list = ls(envir = where), envir = where)
  }
  if (figs && !is.null(grDevices::dev.list())) {
    grDevices::graphics.off()
  }
  if (console) {
    if (Sys.getenv("RSTUDIO") == 1) {
      cat("\f")
    }
    else {
      cat(rep("\n", 50))
    }
  }
  if (pkgs) {
    extra.pkgs <- paste("package:", names(utils::sessionInfo()$otherPkgs),
                        sep = "")
    lapply(extra.pkgs, detach, character.only = TRUE, unload = TRUE,
           force = TRUE)
  }
}
<environment: namespace:mise>

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク