Rで解析:ggplot2の学習に便利かも「ggghost」パッケージ


投稿日: Rの解析に役に立つ記事

ggplot2はRの非常に有用なデータの表現パッケージです。そんなggplot2の学習に便利なパッケージの紹介です。ggplotオブジェクトの追加が理解しやすいので何かの参考になるかと思います。

パッケージバージョンは0.2.1。windows 7およびOS X 10.11.5のR version 3.3.1で確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("ggghost")

実行コマンドの紹介

詳細はコマンド、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読込
library("ggghost")

###データ例の作成#####
n <- 50 TestData <- data.frame("Group" = sample(paste0("Group", 1:3), n, replace = TRUE), "Data1" = sample(rnorm(10), n, replace = TRUE)) ######## #ggghostオブジェクトの作成:%g<%コマンド #ggghostオブジェクトはlist class TestPlot %g<% ggplot(TestData, aes(x = Group, y = Data1, fill = Group)) TestPlot <- TestPlot + geom_boxplot() + labs(title = "Test ggplot") + geom_jitter(col = "red") #プロット TestPlot #ggghostオブジェクトの内容確認 #コマンドで表示するにはcombine = TRUEを追加 summary(TestPlot) [[1]] ggplot(TestData, aes(x = Group, y = Data1, fill = Group)) [[2]] geom_boxplot() [[3]] labs(title = "Test ggplot") [[4]] geom_jitter(col = "red") #ggplotオブジェクトを削除:-コマンド #geom_jitterを削除 TestPlot - geom_jitter() #titleを削除 TestPlot - labs(title) #プロット内容をGifアニメで出力:reanimateコマンド reanimate(TestPlot, "TestPlot.gif") [/code]


出力例

・reanimateコマンド
ggghost


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク