Rで解析:指定した緯度経度の画像からカラーパレットを作成「earthtones」パッケージ


指定した緯度軽度のGoogleマップ画像からカラーパレットを作成するパッケージの紹介です。自分のお気に入りの場所がカラーパレットになること、そして何か新しい考え方なので紹介します。

これからの時期に訪れたくなる「札幌市の大通り公園」を例に実行コマンドを紹介します。数年前にたまたま訪れた「さっぽろオータムフェスト」を思い出します。好きです、札幌。

さっぽろオータムフェスト2016
http://www.sapporo-autumnfest.jp/

パッケージバージョンは0.1.0。windows 7およびOS X 10.11.5のR version 3.3.1で確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
devtools::install_github("wcornwell/earthtones")

#windowsでエラーが出たので念のため紹介
#補助パッケージのインストール
install.packages("RgoogleMaps")
install.packages("geosphere")
install.packages("mapproj")
install.packages("proto")

実行コマンドの紹介

詳細はコマンド、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み:libraryコマンド
library("earthtones")

#緯度経度を指定し地図とカラーパレットを取得:plot_satellite_image_and_palletteコマンド
#札幌市大通り公園のカラーパレット
#緯度を指定:latitudeオプション
#緯度を指定:longitudeオプション
#エリアの拡大率を指定:zoomオプション;数値が大きいほど拡大
#取得するカラーコード数:number_of_colorsオプション
Sapporo_OdoriPicCol <- plot_satellite_image_and_pallette(latitude = 43.059901,
                                                         longitude = 141.347733,
                                                         zoom = 17, number_of_colors = 5)
#内容の確認
Sapporo_OdoriPicCol
[1] "#5B5D54" "#8B8E85" "#BFC3BE" "#323332" "#1C1B1B"
attr(,"class")
[1] "palette"

出力例

earthtones


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク