Rで解析:散布図で円グラフ「scatterpie」パッケージ


散布図で円グラフを表示するパッケージの紹介です。非常に面白い表現かと思います。けものフレンズ1話が非常に良いので視聴を続けていましたが、ここまで話題になるとは驚きです。

けものフレンズ、「アニメなんて」と思っている方におススメです。スッキリする解析ができるかもしれません。第6話、dアニメストアで視聴が楽しみです。なお、ペパプ予告も最高です。

・けものフレンズ公式HP
 http://kemono-friends.jp/

本パッケージは「ggplot2」パッケージのコマンドを利用することができます。

パッケージバージョンは0.0.6。windows 10のR version 3.3.2で動作を確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("scatterpie")

実行コマンドの紹介

詳細はコマンド、パッケージのヘルプを確認してください。
円グラフの塗り色はPhotoShopのスポイトで収集した「サーバルちゃん」カラーです。

#パッケージの読み込み
library("scatterpie")
#install.packages("ggplot2")
library("ggplot2")

###データ例の作成#####
n <- 30 TestData <- data.frame("x" = sample(1:100, n, replace = TRUE), "y" = sample(1:200, n, replace = TRUE), "Data1" = sample(1:100, n, replace = TRUE), "Data2" = sample(1:100, n, replace = TRUE), "Data3" = sample(1:100, n, replace = TRUE)) #円の大きさを計算して追加 TestData <- cbind(TestData, Radius = apply(TestData[, 3:5], 1, sum)/30) ######## #散布図のシンボルを円グラフで描写:geom_scatterpieコマンド #円グラフの大きさを指定:aes(r = "数値")で設定 #データを指定:colsオプション;文字列で指定 #グラフ塗色の変更はscale_fill_manualコマンドを利用 ggplot() + geom_scatterpie(data = TestData, aes(x = x, y = y, r = Radius), cols = colnames(TestData[, 3:5]), alpha = 1.0) + scale_fill_manual(values = c("#fef0e7", "#5c463e", "#f5c971")) #グラフに凡例を追加:geom_scatterpie_legendコマンド #円グラフの凡例大きさを指定:radiusオプション #分類数を指定:nオプション #コマンドを使用するとy軸ラベルがラベル + rとなる #labsコマンドで修正 ggplot() + geom_scatterpie(data = TestData, aes(x = x, y = y, r = Radius), cols = colnames(TestData[, 3:5]), alpha = 0.6) + scale_fill_manual(values = c("#fef0e7", "#5c463e", "#f5c971")) + geom_scatterpie_legend(radius = TestData[, 6], x = 0, y = 20, n = 3) + #x,y軸のスケールを合わせる coord_equal() + #y軸ラベルを調整 labs(y = "TEST") [/code]

出力例

・geom_scatterpieコマンド

・geom_scatterpie_legendコマンド


あなた、Rが気になるフレンズ?すっごいねRって!!あなたの解析がとーても楽になりますように!!

そして、とーても素晴らしいエンディング曲から、名曲です。

「きれいなものを探しに行こう おいしいものをたくさん食べよう
つまりはこれからもどうぞよろしくね」

みゆはんさん、4話のスナネコの穴掘る鼻歌、続くココロの「つまりはこれからもどうぞよろしくね」涙が出ましたよ。

つい鼻歌やっちゃいます。

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク