Rで解析:ggplot2で画像をプロットするのに便利です「ggimage」パッケージ


投稿日: Rの解析に役に立つ記事

ggplot2パッケージを利用して画像をプロットするのに便利なパッケージの紹介です。本パッケージはggplot2の特徴である「重ね書き」を利用しているので描写位置は自由自在です。

なお、本パッケージの利用にはbioconductorに収録されている「EBImage」パッケージが必要です。
 
パッケージバージョンは0.0.1。windows 10のR version 3.3.2で動作を確認しています。


パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
source("https://bioconductor.org/biocLite.R")
biocLite("EBImage")
install.packages("ggimage", dependencies = TRUE)

コマンドの紹介

詳細はコマンド、各パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("ggimage")
library("ggplot2")

###データ例の作成#####
n <- 15 TestData <- data.frame("Group" = sample(paste0("Group", 1:5), n, replace = TRUE), "x" = sample(c(1:100), n, replace = TRUE), "y" = sample(c(1:200), n, replace = TRUE)) ######## #aesオプションで位置も指定できるgeom_imageコマンド #画像はimageオプションに指定する #画像URLを指定,例:からだにいいものバナー img <- "https://www.karada-good.net/wp/wp-content/uploads/2017/02/71a12352149ee8527b2463b5e524b24c.jpg" #例1 ggplot(TestData, aes(x, y)) + geom_image(image = img, size = .5, na.rm = FALSE) #例2 ggplot(TestData, aes(x, y)) + geom_boxplot() + geom_image(aes(x = mean(TestData[, 2]), y = mean(TestData[, 3])), image = img, size = .8, na.rm = FALSE) [/code]


出力例

・例1

・例2


少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク