Rで解析:単色パレットを作成「tinter」パッケージ


単色パレットを作成するのに便利なパッケージの紹介です。

パッケージバージョンは0.0.1。windows 10のR version 3.5.1で動作を確認しています。


パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("tinter")
#必要があればscalesパッケージのインストール
#install.packages("scales")


コマンドの紹介

詳細はコマンド、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読込み
library("tinter")

#単色のカラーパレットを作成:tinerコマンド
#基本色を指定:xオプション
#基本色を軸に作成する色数:stepsオプション
#明暗の作成方向:directionオプション;明:tints,暗:shades,療法:both
TinCol <- tinter(x = "#008b8b", steps = 5, direction = "both")
#表示
scales::show_col(TinCol, labels = TRUE, borders = "#a87963")

#明るくする:lightenコマンド
#調整量を指定:amountオプション;0-1で指定
LtTinCol <- lighten(x = TinCol, amount = .5)
scales::show_col(LtTinCol, labels = TRUE, borders = "#a87963")

#暗くする:darkenコマンド
DkTinCol <- darken(x = TinCol, amount = .5)
scales::show_col(DkTinCol, labels = TRUE, borders = "#a87963")

出力例

・tinerコマンド

・lightenコマンド

・darkenコマンド


少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク