Rで解析:ggplot2の軸を範囲指定で省略!「ggbreak」パッケージ


ggplot2の軸を指定した範囲で省略する「ggbreak」パッケージの紹介です。X軸、Y軸どちらも指定した範囲で省略できます。また、省略前後の軸スケールの比率も指定することが可能です。なお、正しいグラフの解釈のためにも各軸の省略範囲や軸スケールの比率は適切に使用しましょう。

パッケージのバージョンは0.0.7。実行コマンドはwindows 11のR version 4.1.2で動作を確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("ggbreak")

実行コマンド

詳細はコマンド、パッケージヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("ggbreak")
#ggplot2を利用するためにtidyverseパッケージを読み込み
#tidyverseパッケージがなければインストール
if(!require("tidyverse", quietly = TRUE)){
  install.packages("tidyverse");require("tidyverse")
}

###オリジナルのプロット####
PlotCol <- ggplot(data = diamonds[1:1000, ], aes(x = depth, y = carat, fill = cut)) +
  geom_col() + theme_dark()
#表示
PlotCol
########

#範囲を指定して軸を省略してプロット:scale_x_break, scale_y_breakコマンド
#例ではscale_y_breakコマンドを使用しています
#軸の省略範囲を指定:breaksオプション
#省略前後の軸スケール比率を指定:scalesオプション
PlotCol + scale_y_break(breaks = c(9, 17), scales = 3)

#複数の省略範囲を指定
#scale_x_break, scale_y_breakコマンドを複数使用します
PlotCol + scale_y_break(breaks = c(2.5, 5.0), scales = 5) +
  scale_y_break(breaks = c(9, 17), scales = 3)

#x軸を指定数で分割してプロット:scale_wrapコマンド
PlotCol + scale_wrap(n = 4)

出力例

・オリジナルのプロット

・「scale_x_break」コマンド

・複数の省略範囲を指定

・「scale_wrap」コマンド


少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク