Rで解析:一変量分布の学習に便利「DistPlotter」パッケージ


shinyを利用してブラウザで一変量分布を学習するのに便利なパッケージの紹介です。複数の分布を重ねてプロットやプロットに矢印、テキストやエリアの塗りつぶしなどの追加、そして作成したプロットの保存が可能です。また、自身のデータを読み込むこともできます。

バージョン0.0.1ではプロットが上手くいかない場合がありましたが、バージョンアップで修正されています。面白いパッケージだと思います。ぜひ利用してはいかがでしょうか。

パッケージバージョンは0.0.2。実行コマンドはwindows 11のR version 4.1.3で確認しています。

パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("DistPlotter")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("DistPlotter")

#shinyで一変量分布をプロット:runDistPlotterAppコマンド
runDistPlotterApp()

出力例


少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク