Rで解析:大きなエクセルの読み込みがかなり速い「SheetReader」パッケージ


エクセルファイルの読み込みがかなり速いパッケージの紹介です。例で999,999データのエクセルファイルの読み込みを「openxlsx」パッケージと比較しました。ぜひ、エクセルファイル例で実行してください。かなり速いです。

パッケージバージョンは1.0.1。実行コマンドはwindows 11のR version 4.1.3で確認しています。

パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("SheetReader")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("SheetReader")

###エクセルファイルを読み込み#####
library("tcltk")
#ファイルを選択
XLPath <- paste0(as.character(tkgetOpenFile(title = "エクセルファイルを選択",
                                            filetypes = '{"エクセルファイル" {"*.*"}}',
                                            initialfile = c("*.*"))))
########

#エクセルの読み込みがかなり早い:read_xlsxコマンド
system.time(read_xlsx(path = XLPath, sheet = 1))
#ユーザ   システム       経過  
#8.86       0.06       2.53 

#openxlsx::read.xlsxコマンド
#openxlsxパッケージがなければインストール
if(!require("openxlsx", quietly = TRUE)){
  install.packages("openxlsx");require("openxlsx")
}
system.time(read.xlsx(XLPath, sheet = 1))
#ユーザ   システム       経過  
#38.14       3.27      41.77 

少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク