Rで解析:データラベルをQRコードに変換だけじゃない!「baRcodeR」パッケージ


データラベルの連続作成だけでなく、作成した全データラベルをQRコードに変換しPDFで保存するコマンドが収録されています。実験サンプルなどの管理に便利だと思います。

パッケージバージョンは0.1.7。実行コマンドはwindows 11のR version 4.1.3で確認しています。

パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("baRcodeR")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("baRcodeR")

#ラベルの作成:uniqID_makerコマンド
##コンソールに入力しながら作成:userオプション;TRUE/FALSE
uniqID_maker(user = TRUE)
#Please enter string for level: 
#  TEST_
#Please enter the starting number for level (integer): 
#  10
#Enter the ending number for level: 
#  3
#Number of digits to print for level: 
#  3
#     label ind_string ind_number
#1 TEST_010      TEST_        010
#2 TEST_009      TEST_        009
#3 TEST_008      TEST_        008
#4 TEST_007      TEST_        007
#5 TEST_006      TEST_        006
#6 TEST_005      TEST_        005
#7 TEST_004      TEST_        004
#8 TEST_003      TEST_        003

##オプションで指定して作成:string,level,digitsオプション
#ラベル名:stringオプション
#ラベル番号を指定:levelオプション
#ラベル番号の桁数を指定:digitsオプション
TestData <- uniqID_maker(string = "https://www.karada-good.net/analyticsr/r-",
                         level = seq(600, 700, by = 20),
                         digits = 3)
#確認
TestData$label
[1] "https://www.karada-good.net/analyticsr/r-600"
[2] "https://www.karada-good.net/analyticsr/r-620"
[3] "https://www.karada-good.net/analyticsr/r-640"
[4] "https://www.karada-good.net/analyticsr/r-660"
[5] "https://www.karada-good.net/analyticsr/r-680"
[6] "https://www.karada-good.net/analyticsr/r-700"

#listで条件を指定して作成:uniqID_hier_makerコマンド
KARADA <- c("KARADA", 1, 6)
IIMONO <- c("IIMONO", 1, 2)
KARADA_IIMONO <- list(KARADA, IIMONO)
uniqID_hier_maker(hierarchy = KARADA_IIMONO, digits = 1)
#             label  KARADA  IIMONO
#1  KARADA1-IIMONO1 KARADA1 IIMONO1
#2  KARADA1-IIMONO2 KARADA1 IIMONO2
#3  KARADA2-IIMONO1 KARADA2 IIMONO1
#4  KARADA2-IIMONO2 KARADA2 IIMONO2
#5  KARADA3-IIMONO1 KARADA3 IIMONO1
#6  KARADA3-IIMONO2 KARADA3 IIMONO2
#7  KARADA4-IIMONO1 KARADA4 IIMONO1
#8  KARADA4-IIMONO2 KARADA4 IIMONO2
#9  KARADA5-IIMONO1 KARADA5 IIMONO1
#10 KARADA5-IIMONO2 KARADA5 IIMONO2
#11 KARADA6-IIMONO1 KARADA6 IIMONO1
#12 KARADA6-IIMONO2 KARADA6 IIMONO2

#ラベルデータをQRコードでPDFで一覧保存:create_PDFコマンド
#QRコード以外で保存:typeオプション;"linear","linear2","matrix"
#エラー訂正値の設定:ErrCorrオプション;低"L","M","Q","H"高
#QRコードのラベルサイズ:Fszオプション
create_PDF(Labels = TestData$label,name = "Test",
           type = "matrix", ErrCorr = "Q", Fsz = 10)

出力例

・create_PDFコマンド

Acrobatで300%表示


少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク