Rのガイド:研究者も、社会人も、おねえさんも。とりあえず、みんなで使ってみませんか?


SPSSやSAS、Pythonそしてエクセルなどデータのまとめや解析処理をおこなうソフトウェアは多数存在します。

オープンソースという点ではPythonも同じですが、Rはデータ解析処理に特化しかつ労力少なく解析できるように開発されてきた歴史があります。また、多くのオープンソースのソフトウェアと同様に誰でも使用でき、習得すると所属組織が変わったとしても末長く利用し続けることができます。

最近では、エクセルなどと同様に「からだにいいもの」やグーグルなどで「R やりたいこと」を検索すると大抵は期待する情報が簡単に手に入るようになりました。Rをバージョン2.3の頃から使用していますが、ここまでRの利用が普及するとは想像していませんでした。

最近では学術分野以外にもウェブ解析や顧客アンケート解析などビジネス分野でRの利用が急速に広がってきている感じがします。営業資料・ブログ・ポスターなどの資料でRを利用した図を多く見かけるようになりました。

Rに関する記事はURL末尾を”analyticsr/r-hoge”としています。本記事でやっと「90」となりました。Wikipediaで90を検索すると2桁で最大のハーシャッド数、合成数、直角を示す単位だそうです。

そこで、記事90番目を記念してRの利用がさらに拡大することを期待して「Rのガイド:研究者も、社会人も、おねえさんも。とりあえず、みんなで使ってみませんか?」を作成しました。

今後も「からだにいいもの」が皆様の生活に役に立てばと思います。

Rでどのようなことができますか?

数値のまとめや解析はもちろん、パッケージを追加でインストールして、テキストマイニングやGoogleAnalyticsやTwitterなどの解析や、jpegやpngなどの画像解析ができます。もちろん、エクセルやSPSS・SASなどのデータを読み込むこともできます。また、探索的なデータの解析が必要な方向けにインタラクティブな図を出力するパッケージもあります。

どこでRをダウンロードできますか?

Rは本家CRANやミラーサイトからダウンロードできます。リンクはサーバー状況によりアクセスできない時があります。その場合は本家CRANにアクセスしてください。なお、紹介時のRのバージョンは3.2.0です。

本家CRAN:http://cran.r-project.org/
国内ミラー:http://cran.ism.ac.jp/ (統計数理研究所)

リンクにアクセスするとRのダウンロード先が表示されます。赤枠の使用OSのリンクをクリックします。
fig1

WindowsとMacではクリック先の表示が少し違いますので紹介します。

<Windowsの場合>
赤枠のBaseをクリックします。
fig2
赤枠のDownload R-hoge for Windowsをクリックするとダウンロードが始まります。
fig3

<Macの場合>
赤枠のR-hoge.pkgをクリックするとダウンロードが始まります。
fig4

インストールする時の注意は?

Windows、Mac共にダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールします。表示される指示に従いクリックすることでインストールは無事に完了します。しかし、Windowsの場合、通常のインストール方法ではRから外部へ通信できない場合があります。その場合、コンポーネントの選択の次に表示される「起動時オプション」でカスタマイズを選択し、インターネット接続で「Internet2」を選択してください。

<起動時オプションダイアログ>
fig5
<インターネット接続ダイアログ>
fig6

無事にインストールが終わると、Windowsはデスクトップに。MacはアプリケーションフォルダにRのアイコンが表示されます。
fig7

Rのアイコンをダブルクリックするとコンソールが表示されます。
<Windows>
fig8
<Mac>
fig9

初期状態では29のパッケージが導入されます。
fig10

これで、無事にRをインストールすることができました。次のページではRの使い方を紹介します。

スポンサードリンク

> 続きを読む 

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク