Rで解析:結果のHTML出力がらくらく。「sjPlot」パッケージの簡単な紹介


「sjPlot」パッケージは図をHTML出力するsjp.XXXXコマンドとテーブルをHTML出力するsjt.YYYYコマンドが収められています。Rで結果をHTMLで出力するパッケージや方法は他にありますが、意外とsjPlotが便利だったので簡単に紹介します。

パッケージのバージョンは1.8.1です。機能が多いパッケージです。パッケージのHELPをぜひ確認してください。
コマンドはR version 3.2.0で確認しています。

パッケージのインストール

install.packages("sjPlot")

実行コマンドの紹介

作業フォルダにHTMLファイルが出力されます。本パッケージではCSSでデザインを指定することができます。

#パッケージの読み込み
library("sjPlot")

#テストデータの作成
i <- 200
TestData <- data.frame(TESTs = rep(paste("TEST", seq(i), sep = "")),
                       Data1 = sample(1000:5000, i, replace = TRUE),
                       Data2 = sample(1000:20000, i, replace = TRUE),
                       Data3 = sample(3000:15000, i, replace = TRUE))

#相関を求めて出力
HTMLCode <- sjt.corr(TestData[, 2:4], missingDeletion = "pairwise", corMethod = "spearman",
                     useViewer = FALSE, no.output = TRUE, CSS = list(css.firsttablecol = 'color: red;'))

#作業フォルダにHTMLを出力
cat(HTMLCode$output.complete, file = "TEST1.HTML")

#データを出力
HTMLCode <- sjt.df(head(TestData), describe = FALSE,
                   useViewer = FALSE, no.output = TRUE,  CSS = list(css.caption = 'font-weight: Bold; font-style: italic;', 
                                                                    css.firsttablecol = 'color: BLUE;'))

#作業フォルダにHTMLを出力
cat(HTMLCode$output.complete, file = "TEST2.HTML")

実行コマンドの紹介

動作を軽くするために画像で表示しています。HTMLファイルはリンクをクリックして表示してください。
<相関を求めて出力>
table1
TEST1
<データを出力>
table2
TEST2


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク