「 欠損値 」 一覧

Rで解析:データの欠損値の状況を把握するのに大変便利「ggmice」パッケージ

データの欠損値の状況を把握するのに大変便利なプロットを作成できるパッケージの紹介です。欠損値をパターン表示、influx-outflux plot、データ間の相関を表示が作成できます。 パッケージバー ...

Rで解析:時系列の欠損値補間だけじゃないかも?「imputeTS」パッケージの紹介

時系列の欠損値を補間する「imputeTS」パッケージです。工夫次第では時系列以外にも活用できそうなので紹介します。Rのコマンドで欠損値を操作する方が楽ですが、まずは本パッケージを試してみるのも手かも ...

Rで解析:NA値の取り扱いが楽々「mde」パッケージ

行または列のNA値の出現数でデータを除外するだけでなく、指定値をNA値へ変換するなどの作業が簡単になるパッケージの紹介です。意外とNA値の取り扱いは面倒なので本パッケージを利用してみてはいかがでしょう ...

Rで解析:NA値の確認と検出にも便利です「naniar」パッケージ

NA値の確認と検出に大変便利なコマンドと複数のプロットコマンドが収録されている大変便利なパッケージの紹介です。 NA値の確認と検出に特化しているのでプロットをカラフルにする必要はないと思いますが、ggplot2のコマンドでプロットの体裁を調整することが可能です。

Rと解析:欠損値の情報をGUIで確認「MissingDataGUI」パッケージ

パッケージの導入に手こずるかもしれませんが、欠損値の情報を得るのに便利なパッケージの紹介です。Rに慣れているとコマンドの方が楽ですが、面白いので試してみてはいかがでしょうか。 パッケージではグラフをp ...

Rで解析:欠損値に関するコマンド

欠損値に関するコマンドです。Rを使い始めた頃にsumコマンドで論理値ベクトルの総TRUE数を取得できることを知った時には少し賢くなった気がしました。 実行コマンドはR version 3.2.2で確認 ...

Rで解析:欠損値の補完操作が楽々です。「ForImp」パッケージ

データへ欠損値をランダムに代入、欠損値にデータの中央値や平均値を代入、そしてデータの欠損値情報を表示するコマンドが収録されたパッケージの紹介です。 バージョンは1.0.3。実行コマンドはR versi ...

Rで解析:欠損値を制するモノは解析も制す?「VIM」パッケージの紹介

データ内に潜む欠損値を把握することは重要な作業です。データが揃うとすぐに解析したくなりますが、まずは冷静に欠損値を把握してデータの傾向を改めて見つめてはいかがでしょうか。 本パッケージでは欠損値に関す ...

Rでウェブ解析:NA値取り扱いコマンドの紹介

データの整理で必須のNA値取り扱いコマンドの紹介を紹介します。 コマンドの紹介 内容はコマンド内のコメントを参照ください。 #テストデータの作成 NATestData

スポンサードリンク