Rで解析:Open Street Mapで地図を描写「rosm」パッケージ


Open Street Mapなどのデータを利用して地図を描写するパッケージの紹介です。これまで、地図描写に便利な「RgoogleMaps」や「ggmap」,「Nippon」パッケージを紹介してきました。地図描写パッケージが増えてRの利用範囲が広がりそうです。

方位記号とスケールの描写に便利な「prettymapr」パッケージと組み合わせると利用範囲が広がります。参考に古都「京都市」を描写してみました。以外と京都市内は狭いです。

パッケージバージョンは0.1.1。実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("rosm")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。
「prettymapr」パッケージは下記URLを参照してください。
https://www.karada-good.net/analyticsr/r-280/

#パッケージの読み込み
library("rosm")

#prettymaprパッケージの読み込み
#インストールコマンド
#install.packages("prettymapr")
library("prettymapr")

#prettymaprパッケージのsearchbboxコマンドを使用
#地図エリアを取得
MapAria <- searchbbox("京都", source = "google")
#地図のプロット:osm.plotコマンド
osm.plot(MapAria)

#prettymaprパッケージを利用して方位記号とスケールを追加
prettymap(osm.plot(MapAria))

出力例

・osm.plotコマンド
rosm


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク