Rで解析:WindowsでShinyアプリをダブルクリックで開くコマンドの紹介

WindowsでShinyアプリをダブルクリックで開くコマンドの紹介です。コマンドをRで実行すると指定したフォルダ内に以下のファイルが作成されます。 なお、作成された各ファイルはRまたはテキストエディ …

Rで解析:コピー内容をtibble、data.frame、vectorで出力「datapasta」パッケージ

コピー内容をRに簡単に取り込むことができるパッケージの紹介です。出力形式はtibble、data.frame、vectorが可能です。なお、RStudioのAddinsからも操作が可能です。 なお、コ …

Rで解析:ggplot2の体裁をインタラクティブに操作可能!その2「ggedit」パッケージ

ggplot2の体裁をインタラクティブに整えることができるパッケージの紹介です。 同様のパッケージとして「ggThemeAssist」パッケージがあります。好みに合わせて使い分けしてはいかがでしょうか …

Rで解析:ggplot2のプロットに有意差バーを追加!「ggsignifr」パッケージ

「ggplot2」パッケージのプロットに有意差バーを追加するパッケージの紹介です。出力例を確認してください。 パッケージバージョンは0.1.0。windows 10のR version 3.3.3で動 …

Rで解析:プロットをステッカーで表現「hexSticker」パッケージ

「ggplot2」パッケージのプロットや画像ファイルを利用してステッカーを作成するパッケージの紹介です。ステッカーは透過pngで出力されます。 パッケージバージョンは0.1.0。windows 10の …

Rで解析:インタラクティブに展開収束なツリーダイアグラム「collapsibleTree」パッケージ

インタラクティブに展開収束なツリーダイアグラムを作成するパッケージの紹介です。かなり、幅広く、活用範囲が広いパッケージと考えます。 出力はshinyでも利用できます。パッケージヘルプを参照してください …

Rで解析:OCRができるのです!「tesseract」パッケージ

画像ファイルから各言語でOCRが可能なパッケージの紹介です。画像の解像度により精度が変化しますがザクッとした文字データの取得には許容範囲と考えます。 参考データはけものフレンズHPのイントロダクション …

Rで解析:Shinyで習作4「プロットからデータをインタラクティブに取得」

Shinyの習作、その4です。出力したプロットからインタラクティブにデータを取得する例です。 RStudioのversion 1.0.136。windows 10のR version 3.3.3で動作 …

Rで解析:Shinyで習作3。けものフレンズ80種類のカラーパレット

けものフレンズ公式サイト「けもフレ図鑑」に掲載の80種類のキャラクターおよびキャラ名画像をRで処理して得られた各カラーコードから、キャラクターは出現数上位9位、キャラクター名は出現数1位をカラーパレッ …

Rで解析:枠で囲んで区別しよう!「gatepoints」パッケージ

プロットの任意の場所を選択し囲いを追加するパッケージの紹介です。Rのみでの利用は選択終了後に右クリックから、RStudioでの利用はPlots windowの右上メニューより動作を終了することで完成で …

スポンサードリンク