「 Rの解析に役に立つ記事 」 一覧

Rで解析:文字のプロットが楽しい「string2path」パッケージ

True Type font または Open Type fontのアウトライン情報を取得することができるパッケージの紹介です。取得した情報を利用してggplot2などでプロットすることができます。色々な使い道があるのではと思います。パッケージにはアウトライン情報を「そのまま」、「加工」、「塗りつぶし」の処理を適応した情報を取得できるコマンドが収録されています。

Rで解析:文字操作が楽々「stringr」パッケージ

文字列操作と検索「grep」と置換「gsub」コマンドがあります。これらのコマンドだけでも十分な作業ができますが、念のため「stringr」パッケージを簡単に紹介したいと思います。

Rで解析:Shinyのテキスト系UIの紹介

Shinyの基本的なテキスト系UIの紹介です。Shinyの導入は以下の記事を参考ください。

Rで解析:Shinyの導入と覚書

Shinyの導入と覚書です。ShinyはブラウザとRを組み合わせインタラクティブなアプリケーションの開発を可能にするライブラリです。

Rで解析:ggplot2でテキストをピッタリプロット「ggfittext」パッケージ

ggplot2パッケージでテキストを追加プロットするのに便利なパッケージの紹介です。

Rで解析:データ名の修正と作成に便利かも「strex」パッケージ

データ名で数字の桁数が揃っていないために、sortコマンド等で期待した通りに並ばなかった経験はないでしょうか。意外とデータ名の修正は面倒です。そんな手間を軽減するパッケージの紹介です。 パッケージバー ...

Rで解析:データ集計でよく使う「tidyverse」パッケージのコマンド

データ集計でよく使っている「tidyverse」パッケージのコマンドです。マニアックなことはしていません。数は少ないですが基本的な内容です。 パッケージバージョンは1.2.1。windows 10のR ...

Rで解析:データ集計で使用しているパッケージの紹介

データ集計で使用しているパッケージの紹介です。これらパッケージの利用で時間コストを下げることができるのではと考えます。データ集計の操作はRStudioを利用すると便利です。 RStudio: http ...

Rで解析:RStudioのR MarkDownのPDFで日本語を扱う環境設定

RStudioのR MarkDownのPDFで日本語を扱う環境設定の覚書です。また、PDF内でggplot2に日本語を適応するコマンド例を紹介します。 windows 10のR version 3.5 ...

Rで解析:基本コマンドで色々操作

パッケージを利用せず、Rの基本的なコマンドでファイルの選択、削除、コピー、ディレクトリの操作で役に立てばいいなぁと紹介です。なお、一部windowsのみ対応です。 windows 10のR versi ...

スポンサードリンク