「 Rの解析に役に立つ記事 」 一覧

Rで解析:Google Maps APIを利用して距離を取得「gmapsdistance」パッケージ

Google Maps APIを利用して2点間の距離を取得するパッケージの紹介です。パッケージを利用中に日本語でエラーが出るときは「stringi」パッケージのstri_encodeコマンドがお勧めで ...

Rでコマンド:ggplot2での色指定方法のまとめ

忘れがちなggplot2でのcolとfillの色指定方法をザクッとまとめました。軸に設定した離散値、連続値を意識すると理解しやすいのではと思います。 パッケージバージョンは2.2.1。windows ...

Rで解析:プロットの一部をハイライト表示するのに便利です「gghighlight」パッケージ

指定した範囲をハイライト表示した散布図と折れ線グラフを作成するのに便利なパッケージの紹介です。「ggplot2」パッケージのコマンドが利用可能です。また、本パッケージを利用しないでハイライト表示した散 ...

Rでコマンド:「dplyr,tidyr」パッケージを使ったデータ処理例

「dplyr,tidyr」パッケージを使ったデータ処理例です。group_by,summarise,list,mutateコマンドの利用がポイントです。工夫することで紹介したt検定や合計以外の計算も可 ...

Rで解析:「ggplot2」パッケージでの作図概要

「ggplot2」パッケージは手軽で綺麗なグラフを作成するのに便利なパッケージです。1変数:ONE VARIABLEのgeom_densityコマンドを利用して作図の概要を紹介します。 参考記事:「g ...

Rで解析:文字の置換や前後へ付与するのに便利です。「snakecase」パッケージ

正規表現で文字の置換場所を指定したり、文字列の前後へ文字を付与するのに便利なパッケージの紹介です。 参考までに意外とアクセスがある文字列操作の記事を紹介します。 ・Rで解析:文字列操作と検索「grep ...

Rでコマンド:データ操作に便利な「tidyr」パッケージ

データのlong型やwide型への変形、欠損値やネスト構造化に便利な「tidyr」パッケージのコマンドを再確認しました。「gather」コマンドや「spread」コマンドが有名なパッケージです。 パッ ...

Rで解析:データの分布をグラフで確認「ggridges」パッケージ

データの分布を確認するのに便利かもしれないパッケージの紹介です。 パッケージバージョンは0.4.1。windows 10のR version 3.4.1で動作を確認しています。 パッケージのインストー ...

Rで解析:WordやPowerPointで編集可能なグラフを出力「mschart」パッケージ

WordやPowerPointで編集可能なグラフを出力できるパッケージの紹介です。棒グラフ、折れ線グラフ、散布図、面グラフの作成が可能です。 パッケージバージョンは0.2.0。WordやPowerPo ...

Rで解析:WordやPowerPointへも表を出力「flextable」パッケージ

htmlだけでなくWordやPowerPointファイルへ表を出力できるパッケージの紹介です。WordやPowerPointへ出力した表は各ソフトウェア内で編集できるので大変便利なパッケージだと思いま ...

スポンサードリンク