「 Rの解析に役に立つ記事 」 一覧

Rとウェブ解析:データの要約が簡単!「summarytools」パッケージ

データの要約は意外と面倒くさい作業です。そこで、手軽にデータの要約が可能なsummarytoolsをご紹介します。 「summarytool」パッケージの導入 下記コードを実行することで導入することが ...

RでGPSログ編集:STYLUS TG-3 Toughのログをkml形式で出力する。

STYLUS TG-3 ToughにはOLYMPUS Viewer 3というソフトが添付されていますが、ログの編集ができずGpsPruneというソフトで編集していました。しかし、GpsPruneでTG ...

Rとウェブ解析:データフレームから項目名で抽出する例

データフレームからis.elementを使用し素早くデータを抽出する方法です。is.elementの簡易型は%in%です。 データの準備 適当な項目が思いつきませんでしたので、政府統計の総合窓口より平 ...

Rとウェブ解析:Circular Visualization?関係を把握する珍しい表現方法です。

Circular Visualizationという表現方法をご存知でしょうか?遺伝子解析や社会学などで見かけるグラフで、項目を円に並べ線で結び関係性を把握する表現方法です。 そんなCircular V ...

Rとウェブ解析:文字の操作

Rで文字を操作するときのコマンドです。結合や文字数を数えるコマンドです。 コマンド一覧 #データの作成 x <- letters[1:10] y <- LETTERS[1:10] #文字列 ...

Rとウェブ解析:重複?共通?集合演算コマンドについて

集合演算を扱うコマンドの紹介です。データの共通や差を判断するのに有効です。sort()などで結果を並び替えると良いかもしれません。 コマンド一覧 #データ例の作成 x <- c(4, 7, 8, ...

Rとウェブ解析:NA値の取り扱いコマンドについて

欠損値を扱うコマンドの紹介です。たまに、データに欠損値であるNAが含まれていると処理がうまく行かない場合があります。 コマンド一覧 NA値を含むデータの作成 SampleData <- matr ...

Rとウェブ解析:データフレームの項目名で処理を繰り返す

行や列ごとの処理であればapplyやlapply、sapplyで処理できますが、データフレームの項目名で繰り返し処理をしたくなる時があります。 例えば、複数項目を時期を変えて複数回観測したデータなどで ...

Rとウェブ解析:ggplot2で色々プロット

ggplot2でプロットできるコマンドの紹介です。ggplot2のインストールがまだであれば、下記コマンドを実施してください。 install.packages("ggplot2" ...

Rとウェブ解析:ggplot2でプロットするヒートマップ「gapmap」パッケージ

ggplot2で図をプロットする方が多いと思います。しかし、本格的なヒートマップのプロットは工夫や他のパッケージを使う必要がある思います。今回、ggplot2の拡張パッケージ「gapmap」を見つけま ...

スポンサードリンク