「 Rの解析に役に立つ記事 」 一覧

Rとウェブ解析:お手軽!インタラクティブに地図でデータを確認できるleafletRのご紹介

地図にデータをプロットし、インタラクティブに数値を確認できる資料を作成できるleafletRパッケージをご紹介します。面白いのでぜひ使用してみてください。 「leafletR」パッケージの導入 下記コ ...

Rとウェブ解析:クリックでデータマイニングrattleパッケージ

コマンドではなく、クリックでデータマイニングができるrattleパッケージをご紹介します。 「rattle」パッケージの導入 下記コードを実行することで導入することができます。 URL: http:/ ...

Rとウェブ解析:簡単なheatmapの作成! heatmap3パッケージのご紹介

数や物の大小を視覚的に色で表す方法にヒートマップ(heatmap)という方法があります。heatmap3パッケージで手軽に表現できますのでご紹介します。 なお、ggplot2の拡張パッケージでもhea ...

Rとウェブ解析:指標同士の関係がわかる!corragramパッケージの紹介

指標同士の関係を示す方法は散布図や相関係数があります。corragramパッケージでこれらの方法をまとめて出力できますのでご紹介します。 「corragram」パッケージの導入 下記コードを実行するこ ...

Rでインタラクティブなグラフ:便利なPlotlyライブラリのご紹介

RのインタラクティブなグラフのライブラリとしてGoogleVisをご紹介しましたが、グラフ描写のデータを用意するのが少し手間で自由度がいまいちでした。新しいインタラクティブなグラフの作成方法がないか調 ...

Rで遺伝子網羅解析:PubMedのエビデンスを利用して抽出

マイクロアレイで発現変動を示した遺伝子の中からPubMedから入手したエビデンスリストに含まれる遺伝子を抽出するコードを作成しました。ご紹介します。 解析の前準備 Rの導入についてはこちらから。 XM ...

Rでウェブ解析:便利!Rで読み込むxmlファイル

PubMedは文献検索サイトで検索結果をxmlで出力できます。xmlはRで編集が可能なので、PubMed検索結果のxmlから論文タイトルとアブストラクトを読み込み、タグプロットと単語の出現数をまとめた ...

Rでウェブ解析:Rの基本統計処理のコマンド

簡単ではありますが、ウェブ解析で頻繁に使うRの基本統計処理のコマンドをご紹介します。 基本等計量の処理コマンド max(x)最大値var(x)不偏分散 mean(x)平均sd(x)標準偏差 media ...

Rでウェブ解析:繰り返しと条件判断のコマンド紹介

Rの操作はコマンドを組み合わせて、データを処理し結果を出力します。そして、多くの実務ではデータ内に項目が1つであることは少なく複数項目があり、項目ごとに何らかの処理を繰り返し結果を出力します。そこで繰 ...

Rで解析:テキストマイニングとタグクラウド

テキストマイニングをRで実施し、単語の出現頻度をタグクラウドとcsvで出力する方法をご紹介します。検索フレーズやアンケートの解析にも使えると思います。今回は、アニメ「アルノドア・ゼロ」でも話題となった ...

スポンサードリンク