「 Rの解析に役に立つ記事 」 一覧

Rでウェブ解析:便利!Rで読み込むxmlファイル

PubMedは文献検索サイトで検索結果をxmlで出力できます。xmlはRで編集が可能なので、PubMed検索結果のxmlから論文タイトルとアブストラクトを読み込み、タグプロットと単語の出現数をまとめた ...

Rでウェブ解析:Rの基本統計処理のコマンド

簡単ではありますが、ウェブ解析で頻繁に使うRの基本統計処理のコマンドをご紹介します。 基本等計量の処理コマンド max(x)最大値var(x)不偏分散 mean(x)平均sd(x)標準偏差 media ...

Rでウェブ解析:繰り返しと条件判断のコマンド紹介

Rの操作はコマンドを組み合わせて、データを処理し結果を出力します。そして、多くの実務ではデータ内に項目が1つであることは少なく複数項目があり、項目ごとに何らかの処理を繰り返し結果を出力します。そこで繰 ...

Rで解析:テキストマイニングとタグクラウド

テキストマイニングをRで実施し、単語の出現頻度をタグクラウドとcsvで出力する方法をご紹介します。検索フレーズやアンケートの解析にも使えると思います。今回は、アニメ「アルノドア・ゼロ」でも話題となった ...

ウェブ解析を始めよう!Rのインストール方法とデモの紹介

google analyticsとRの連携などを紹介してきました。でも、Rのダウンロード先を紹介しただけで、インストール方法を紹介していませんでした。インストール方法と共にRのデモを紹介します。 Rの ...

ウェブ解析で必要なRのデータフレームに関するコマンドの紹介

ウェブ解析にRの利用が増えてきていると思いますが、まだまだ普及しているとは言いがたいかと思います。これから、ウェブ解析にRを利用を考えている方にぜひ利用していただきたいRのデータフレームに関するコマン ...

ここさえ押さえれば大丈夫! GoogleAnalyticsのDmensionとMetrics

GoogleAnalyticsとRを連携し、簡単にウェブ解析に必要な情報を取得する方法を紹介しました。記事はこちらから。解析コード内にDmensionとMetricsを設定する箇所があります。goog ...

Rでウェブ解析:傾向が直感で理解できる!ggplot2でバイオリンプロットの作成

アクセスの傾向を示す図として、棒グラフや折れ線グラフ、そして、慣れると快適な箱ひげ図があります。でも、これらの図は解析では非常に有用ですが、傾向を示すには取っ付きにくいです。そこで、見た目にアクセスの ...

Rでウェブ解析:データの抽出について

もはや、ウェブ解析にはなくてはならないソフトになりつつあるRですが、ネット上の情報は応用が多くなかなか基本的な情報を見つけるのは困難です。今回は解析の際には、絶対必要なデータフレームから必要なデータを ...

ウェブ解析:検索キーワードとページの閲覧傾向

検索キーワードとページの閲覧傾向をRを使ってまとめる方法を紹介します。googleアナリティクスの管理画面だけでは捉えることが難しい情報です。ぜひ、試していただければと思います。 解析の前準備 goo ...

スポンサードリンク